安息日の教えを学びました

校長の名古屋恒彦です!

日差しはまだ夏ですが、夕には虫の声がきかれるようになった盛岡です。

今日(2019/08/18)の日曜学校の様子をお知らせします。
礼拝は、単元「十戒」。
今週は第四戒「安息日を心に留め、これを聖別せよ。」を学びました。
神さまが六日間で世界を創造され、七日目に休まれたことから、私たち人間も、六日働いて七日目には休むことを神さまは定められました。
こうして、私たちは、週に一回、心も体も休む恵みをいただいています。
カレンダーの日曜日は、この聖書の教えからきています。
ところで、私たちクリスチャンは、日曜日には教会に行きます。
神さまのところにこそ、本当の安らぎがあるからです。
みなさまも、どうぞ日曜日にお近くの教会に足を運んでみてください。

アクティビティは、単元「夏の恵みを神様に感謝~ひんやりかき氷作りと夏野菜の収穫~」です。
今回のかき氷は、桃缶と練乳が新登場でした!
礼拝後、夏の日差しの中、ミニトマトとナスを収穫、会堂に戻ってひんやりおいしくいただきました。
子どもたちが勢いよく氷をかく姿は、頼もしいものがありました!!
夏野菜の収穫も、かき氷も、夏だからこそ、神さまからいただく恵みです。
感謝!!

2019年8月18日

抹茶かき氷

校長の名古屋恒彦です!!

少し秋風を感じる今週(2019/08/11~)の日曜学校の様子をお知らせします。

礼拝は、単元「十戒」。
今週は第三戒「あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。」を学びました。
神さまのお名前や、神さまが私たちにくださった聖書の言葉を勝手に使ったりしてはいけないということを学びました。
神さまは私たちを深く愛してくださっています。その神さまだから私たちも神さまを愛します。
神さまのお名前、お言葉を大切にするのです。
十戒は、戒めということには違いないのですが、神さまの愛にねざした、愛に満ちた戒めなのです。

アクティビティは、単元「夏の恵みを神様に感謝~ひんやりかき氷作りと夏野菜の収穫~」です。
今回のかき氷は、先週のリクエストに応え、抹茶味が登場!
なかなか大人の味になりましたが、おいしくいただきました。
もう一つのリクエスト、フルーツ缶も買ってきてトッピングしました。
教会で収穫したブルーベリーをトッピングしたフレッシュなかき氷もできました!
野菜はミニトマトを収穫。
それから、背丈が伸びてきた大豆の土寄せも行いましたが、なんと大豆の若葉に顔を近づけるとほのかな大豆の匂いが!
収穫が楽しみです。
作物を育ててくださる神さま、夏に冷たいスイーツをくださる神さまに感謝です。

ところで、このブログを読んでくださっている県外の読者の方から、日曜学校教師メンバーについてのお尋ねがございました!
ブログを毎回読んでくださったいるそうで、本当にありがとうございます!!
いつもブログを書いている名古屋恒彦、その妻名古屋理恵を含む、5人の教師で日曜学校は運営しています。みんなでアイデアを出しながら、子どもたちが神さまと一緒に育てるように頑張っています!!
5人のうち2人はこの8月からの新メンバーです!
新メンバーも加わって、日曜学校ではさっそく新しいアイデアがいろいろ生まれています。
これからも、子どもも教師も本音で楽しい日曜学校にしていきたく思っております。
これからもみなさまの応援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年8月13日

十戒~第二戒~

校長の名古屋恒彦です。

盛岡は猛暑、猛暑、です。
地域のみなさまのご健康を守っていただけますよう教会はお祈りしております。

さて、今週(2019/08/04~)、名古屋は不在でしたので、日曜学校教師の名古屋理恵から以下、様子を報告します。

 

神様がイスラエルの民にお与えになった十戒は、10のきびしい約束のことです。
10までの全体の構造を確認し、第2番目の戒め(約束)を学びました。
それは、神様以外の神様を造り出してはいけないということです。形ある像を造って拝んだり、神様から言われていないやり方で神様を礼拝してはいけないということです。

アクティビティでは、ミニ人参と葉ねぎの種を蒔き、その後、かき氷を作って、夏の恵みを神様に感謝して食べました!
火曜クラスでは、南蛮・ミニトマトの収穫をし、かき氷を作って、同じく夏の恵みを神様に感謝して食べました!

8/6~8/8までのサクラハウス主催の夏のこどもキャンプへ、2年生1人・5年生3人の日曜学校の子どもたちが、本日、無事に出発しました。
夏キャンプで、子どもたちが沢山楽しみ、神様からの恵みを沢山いただけますように!!

2019年8月6日

十戒

校長の名古屋恒彦です。
梅雨明け前にもかかわらず、暑い日が続く盛岡です。
今週(2019/07/28~)の日曜学校、私は不在でしたので、様子を以下、名古屋理恵からの報告でお知らせします。

日曜学校では、新しい単元“十戒”に入りました。
モーセとイスラエルの民がシナイの荒野に着きました。そこで、神様がモーセに、「…わたしの契約(こどもたちには“約束”と話しました)を守るならば あなたたちはすべての民の間にあって わたしの宝となる」と言われました。今日からの単元は、神様との契約の中身“十戒(十の戒め)”を1~10まで学びます。

第一戒は、「あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない」です。

イスラエルの人々をエジプトから救い導き出してくださった神樣が真の神様で、ほかには誰も神様はいません。その神様が私たちの神様でもあるのです!
神様だけを神様として生きるとき、私たちはどんなときも神様にお祈りしますーつらい時も、苦しい時も、逆に、嬉しい時も楽しい時も神様に祈ります!

アクティビティは、「麦の収穫と夏野菜作り」のファイナルでした。南蛮(辛くない品種)の収穫をしました。そして、麦を収穫して一部脱穀し、粉にしたものを使って、全粒粉のパンを作って、食べました!!
火曜クラスでは、麦の脱穀とミニトマトの収穫をしました!!

2019年7月30日

シナイ山での約束

校長の名古屋恒彦です!

蒸し暑さが少し和らいだ今日(2019/07/21)の日曜学校の様子をお知らせします。

礼拝は、単元「モーセ~荒野の旅~」の最終回。
エジプトを脱出して、荒野の旅を続けること三か月。
イスラエルの人々は、シナイに到着します。
シナイ山に登ったモーセはそこで、神さまと約束をします。
約束を守れば、神さまの宝にしてくださるというのです。
罪を犯し続ける私たちですが、神さまは私たちを宝としてくださいます。
では、神さまとの約束とは何でしょうか。
それは、次回の単元から学び始めます。
みなさまもお楽しみに!

アクティビティは、引き続き単元「麦の収穫と夏野菜作り」。
今日は外グループと中グループに分かれて活動しました。
外グループは、プランターと植木鉢の花の植え替え。
きれいな花の道が玄関にできました。
中グループは、ひたすら麦の脱穀。
今年の麦は乾燥状態がよく、穂から実がとても取りやすいです。
来週は単元最終回。
脱穀した麦でつくった小麦粉でパンを焼いていただきます!
神さまからの恵みに感謝です。

 

2019年7月21日

不平不満も受け止めてくださる神さま

校長の名古屋恒彦です!

梅雨も中休みの今週(2019/07/14~)の日曜学校の様子をお知らせします。

礼拝は、単元「モーセ~荒野の旅~」。
今日は、不平の多いイスラエルの人たちが、荒野で食べ物を要求したことに対して、神さまが天から食べ物をくださったことを学びました。
「マナ」と呼ばれる不思議な食べ物で、40年間の荒野の旅の間、神さまは、イスラエルの人たちを養ってくださいました。
不平ばかりのイスラエルの人たちを愛してくださった神さま。
今の時代の私たちも、神さまに不平不満ばかりを言いますが、神さまの愛が私たちを包んでくださっています。

アクティビティは、単元「麦の収穫と夏野菜作り」。
麦の収穫を無事に完了し、日曜クラスでは、今日は枝豆の苗植え&種まきをしました。
種から育苗した苗ですが、一部が発芽しなかったので、種まきも加え、麦収穫後の花壇に苗植え&種まきをしました。
生長が楽しみです。
火曜クラスでは、麦の脱穀。
今年は昨年よりたくさん収穫できたので、膨大な量になります。収量は1㎏にもなるかもしれません。
穂から外していくことに集中して頑張っています!
収穫の恵みを神さまに感謝しつつ、効率のよい脱穀方法を研究中です。
このブログを読んでくださっているみなさま。効率的な脱穀方法、1㎏くらいでも脱穀してくださる業者の方等々、情報がございましたら、教会宛、メールでお知らせください!!

2019年7月15日

麦の収穫、完了!!

校長の名古屋恒彦です!!

梅雨の晴れ間の日曜日(2019/07/07)。

礼拝では、新しい単元「モーセ~荒野の旅~」がスタート。
荒野の旅の中、飲み水がないと不平をいうイスラエルの人たちに神さまが水をくださるお話しを学びました。
何度も神さまの愛を目の当たりにしても、まだ不平をいう人たちをも、神さまは愛してくださっています。
私たちの日々の信仰生活もつぶやきが多くありますが、神さまはそんな私たちを愛してくださっているのです。

アクティビティの単元「麦の収穫と夏野菜作り」では、やっと花壇の麦の収穫ができました。
麦は、すでにきれいに色づいていましたが、三日間の晴天が続いていることが収穫条件。
無事に収穫できるかというところでしたが、神さまは三日間の晴れをくださいました!
みんなで一気に収穫し、教会堂に干しました。
以下のような感じです。
無事に収穫完了です。
葉物も収穫し、みんなの礼拝後に教会に来られた方々に配りました。

火曜クラスでは、麦の脱穀がスタートしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神さまからの収穫のお恵みに心から感謝です。

2019年7月9日

バケツに作付け

校長の名古屋恒彦です!

冷たい雨のぱらつく日曜日(2019/06/30)の日曜学校でしたが、元気に活動しました。

礼拝では、単元「神さまを伝えるパウロ」の最終回。
大きな外国の都アテネで、本当の神さまを伝えるパウロの活躍を学びました。

アクティビティでは、単元「麦の収穫と夏野菜作り」。
あいにくの雨で、当初予定していた花壇の麦の収穫はできませんでしたが、土作りをしたバケツにナス、ミニトマト、南蛮(トウガラシ)を植えました!
大きく育った葉物も傘を差して収穫。こちらは、みんなの礼拝に来られた方々に差し上げました。
今夏は大収穫の予感です。
命を育ててくださる神さまの愛を身近に感じられればと願っています。

2019年7月1日

聖書

校長の名古屋恒彦です!

梅雨の盛岡は肌寒い日もありますが、日曜学校は元気です!!
今週の日曜日(2019/06/23)の様子をお知らせします。

礼拝は、単元「神さまを伝えるパウロ」。
パウロの宣教を聞いた人たちが聖書を調べ、神さまを信じたことを学びました。
2000年前も今も、聖書を通して、私たちは神さまの愛を教えられるのです。

アクティビティは、単元「麦の収穫と夏野菜作り」。
枝豆の種を苗ポットに蒔きました。少し育ったら花壇に植え替えます。
麦を収穫した後のバケツの土をほぐし、肥料を加える仕事もしました。
そして、みどり菜、ターツァイ、小松菜の収穫もしました。
今年は葉物の生長が早いように思いました。
神さまがくださる恵みに感謝です。

2019年6月29日

新単元スタート!

校長の名古屋恒彦です!!

前日に梅雨入りし、梅雨らしい朝になった今日(2019/06/16)の日曜学校。
礼拝もアクティビティも、新しい単元に入りました。

礼拝は、単元「神さまを伝えるパウロ」。
イエスさまを憎み、教会を憎んでいたパウロ(サウロ)が、イエスさまの愛によって救われ、ユダヤ人だけでなく世界中の人に神さまの愛を伝える様子を学んでいます。
パウロが外国人に伝えたのは、イエスさまの十字架と復活。
パウロは、イエスさまが私たちの罪の裁きを代わりに受けてくださり、死に勝利して復活してくださったことを率直に伝えました。
そのメッセージが2000年後の今、盛岡にも届いているのです。

アクティビティは、単元「麦の収穫と夏野菜作り」。
昨秋に種を蒔いた麦が収穫の季節を迎えました。
今日はバケツで育てていた分を玄関に運び入れ、はさみを使って収穫しました。
麦作りは2年目ですが、昨年以上の収穫が期待できそうです!!
神さまの恵みに感謝です。

2019年6月16日