救いの約束を信じる

校長の名古屋恒彦です!

12月になりました!
アドベント(クリスマスをまちのぞむとき)は2週目になります。
今日(2022/12/04)も単元「アドベント~マリアの信仰~」です。

聖書は、ルカによる福音書1章34~38節です。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年12月4日

このブログでも学んできた旧約聖書の時代からの長い長い神さまのお約束が本当になることを、マリアも信じたんですね。
イエスさまが私たちを救うために、この世に生まれてくださる!
これがクリスマスの恵み、長い約束の実現なのです。

あなたもぜひ、このクリスマスの時期に、お近くの教会をお訪ねください。

2022年12月4日

アドベント!

校長の名古屋恒彦です!

今日(2022/11/27)から教会のカレンダーでは、アドベント(クリスマスをまちのぞむとき)がはじまります!
今年のアドベントの単元は「アドベント~マリアの信仰~」です。

聖書は、ルカによる福音書1章26~33節です。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年11月27日

今日はイエスさまがお生まれになることをマリアに伝えた天使のことばに注目。
これまでも、日曜学校では旧約聖書を勉強してきました。
旧約聖書には、イエスさまがお生まれになる前の時代のことを世界のはじまりから書かれています。
旧約聖書には、私たちを救うためにイエスさまが来てくださる!という約束がずっと書かれていたんです。
その約束が、本当になる。
それがクリスマスです。

このブログを読んでくださっているみなさまも、ぜひこのアドベントのときに、お近くのキリスト教会をお訪ねください。

2022年11月27日

神さまの導きを信じる

校長の名古屋恒彦です!

盛岡にも先週初雪が降りました。
もうすぐ冬です。

今日(2022/11/20)で単元「ヤコブ」は最終回です。

聖書は、創世記 31章1~13節です。
今日もすこし長いですが、ぜひ読んでくださればと思います。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年11月20日

ふるさとから遠く離れたところでも、神さまはヤコブを守ってくださいました。
そして、神さまのおみちびきで、たくさんの子どもたちといっしょにいよいよふるさとに戻ります。
ヤコブの子どもたちのことは、またいつかこのブログでもお話ししようと考えています。

来週からは、いよいよアドベント(イエスさまのお誕生―クリスマス―を待ち望む時節)です!!

2022年11月20日

罪人を愛してくださる神さま

校長の名古屋恒彦です!

盛岡の街の紅葉も色あせてきましたが、冬木立もまた魅力的な盛岡です。

今日(2022/11/13)の「みんなの礼拝」での学びも単元「ヤコブ」です。

聖書は、創世記 29章1~15節です。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年11月13日

ヤコブがしたことをおぼえていますか?
お兄さんをだましたヤコブでしたが、そんなヤコブでも、神さまはとことん愛して、守ってくださいます。
そうしてヤコブのおじいさんアブラハムにした救いの約束を実現してくださるのです。
この約束は、ヤコブの時代からずっと後に、イエスさまがお生まれになって実現します。

2022年11月13日

罪を犯していても

校長の名古屋恒彦です!

今年も紅葉が町まで降りてきました。
教会の近くの公園の木も見事な紅葉です!

今日(2022/11/06)からまた、旧約聖書の学びに戻り、ヤコブのお話が再開。
単元「ヤコブ」です。
3回だけの短い単元ですが、一緒に学んでいきましょう!

聖書は、創世記 27章41~28章17節です。
ちょっと長いけれども、ぜひ読んでみてください。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年11月6日

罪をおかして、一人で逃げているヤコブを、神さまは愛してくださっています。
神さまは、よいことをしたから愛してくださるんではなく、罪のある私たちを愛してくださっています!

2022年11月6日

信じるだけで

校長の名古屋恒彦です!!

今日(2022/10/30)の盛岡教会「みんなの礼拝」は宗教改革記念礼拝です!
お近くの方はぜひいらしてください。
またオンラインでもリアルタイムで配信します!

単元「宗教改革記念日~神さまを信じる~」は今日が最終回。

聖書は、ヨハネによる福音書 14章1~4節です。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年10月30日

イエスさまが私たちを罪のさばきから救ってくださる、このことを信じること。
信じることだけでよいのです。
宗教改革は、このシンプルな信仰を大きくかかげた改革でした。

ぜひあなたも、あなたを愛しているイエスさまに出会ってください。

2022年10月30日

見えないけれど確かな救い

校長の名古屋恒彦です!

今朝(2022/10/23)の盛岡は、すこし霧がかかっている感じでした。
いつもより気温が高いのかなと思いました。

さて、今日も単元「宗教改革記念日~神さまを信じる~」です。

聖書は、ヘブライ人への手紙 11章1~12節です。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年10月23日

きょうの聖書の箇所は少し長いですが、これまで日曜学校で勉強した人たちの名前がたくさん出てきます。
この人たちは、イエスさまがお生まれになるずっと前の人たちですが、イエスさまが来てくださることを信じていました。
ずっと先の出来事、まだみていないイエスさまを信じて生きた人たちです。
イエスさまが救ってくださることを信じることは昔も今も変わらない信仰なのです。

今もイエスさまを目で見ることはできませんが、聖書を通してイエスさまと出会うことができます。
ぜひあなたも、イエスさまに出会ってください。

2022年10月23日

神さまが信じる心をくださる

校長の名古屋恒彦です!

今日は10月16日、10月も後半です。
単元「宗教改革記念日~神さまを信じる~」の学びも後半に入ります!!

聖書は、コリントの信徒への手紙Ⅰ 2章1~5節です。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年10月16日

だれかに神さまのことを話すときは、話し方がじょうずだとか、ではなくて、神さまの言葉をちゃんと話すことが大事だと教えられます。
じょうずな話し方で神さまを信じられるようになるのではなくて、神さまが、聖書の言葉を通して、私たちに神さまを信じられるようにしてくださるんです。
みなさまもぜひ聖書の言葉を読んでみてください。

2022年10月16日

ただ信じるだけで

校長の名古屋恒彦です!

おはようございます。

今朝の盛岡の最低気温は5.8℃。
寒くなってきました!

今日も単元「宗教改革記念日~神さまを信じる~」です。

聖書は、ローマの信徒への手紙4章1~12節です。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年10月9日

信仰の父といわれるアブラハムのことは日曜学校でも勉強してきました。
神さまの約束を信じて生きた人でした。
ローマの信徒への手紙を書いたパウロは、アブラハムの信仰から、信じることの意味を教えています。
正しいこと、よいことのできない私たちは、神さまを信じることで、神さまに義(正しい)としていただけます。

2022年10月9日

神さまを信じること

校長の名古屋恒彦です!

おはようございます。

今日(2022/10/02)は青空が気持ちよい盛岡です!

今日から新しい単元「宗教改革記念日~神さまを信じる~」です。

聖書は、ローマの信徒への手紙3章9~26節です。

「今週の聖書の言葉」アップします。

2022年10月2日

宗教改革記念日は、10月31日(月)です。
教会では10月30日(日)が宗教改革記念礼拝になります!
宗教改革をした人たちは、神さまを信じることの大切さを人々に伝えました。
その意味を今月は学んでいきます。

 

2022年10月2日