日曜学校ブログ

活動報告

今年最後の花壇整備

校長の名古屋恒彦です!!

爽やかな秋晴れの今日(2018/11/18)、日曜学校のアクティビティでは、今年最後の花壇(畑?)の整備を行いました。
最初にバケツに植えた麦の麦踏み。
とはいえバケツなので踏めないので、手でぎゅっぎゅっと押しました。
同じ方向に押すのがコツですが、みんな上手にやっていました。
そして、花壇へ。
先週麦を植えた後の残りちょうど半分ほどの場所にホウレンソウの種を蒔きました。
冬に入っても収穫できるので、今年最後の作付けです。
春から今日まで、神様が育ててくださる命の恵みを感じながらの花壇の活動でした。
その後は部屋に戻って、残った麦の脱穀をみんなで行いました。
籾殻を外し、実を取り出す地道な作業でしたが、みんな頑張りました。
クリスマスにパンにするのが楽しみです!
11月の単元「麦を蒔いて花壇の冬ぞなえをしよう」は次回が最終回。
次回は、収穫したお米から作った米粉を材料に白玉フルーツポンチを作って打ち上げです!!

礼拝の単元「宗教改革記念日~使徒信条を学ぶ~」では、今日は「われは聖霊を信ず。」を学びました。
聖霊なる神様は、私たちが苦しいときもうれしいときもいつも一緒にいてくださることを学びました。
どんなときも一緒にいてくださる聖霊なる神様の愛に感謝です。

 

パプリカ、ファイナル!

校長の名古屋恒彦です!
今日(2018/11/04)の日曜学校、私は出張で不在でしたので、以下、日曜学校教師の名古屋理恵姉妹からの報告です。

こどもたちが揃って、11月第1週の日曜学校が始まりました。

今週も引続き私たちの告白である「使徒信条」を学びました。「三日目に死人のうちよりよみがえり」のところです。イエスさまは死から三日目によみがえられたこと、私たちはそれを信じて、告白するのです!

アクティビティでは、パプリカの収穫ファイナルを行いました。8月半ば~二ヶ月半の間、実りをくださった神様に感謝です!その後、パプリカの苗とお花を花壇から抜いて土を整え、花壇整備を行いました。来週その花壇に麦を蒔いて、花壇の冬ぞなえをいたします!

米粉でお団子を作りました

校長の名古屋恒彦です!

今朝は、先週バケツに蒔いた麦が、全てのバケツで小さな芽が出ていました!

下はその一つ。見つかりますか?

 

 

 

 

 

 

さて礼拝では、単元「宗教改革記念日~使徒信条を学ぶ~」。
今日は、イエスさまが「ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にてほうむられ、よみにくだり、」という部分を学びました。
イエスさまは、私たちが自分の罪のために受けるべき裁きの身代わりとして、最も苦しく恥ずかしい処刑方法で死んでくださいました。
そのイエスさまを信じることで、私たちは救われます。
そのイエスさまを信じます、ということの意味を学びました。

アクティビティは、単元「秋の恵みを神様に感謝~イネを収穫しよう~」のファイナル!
収穫したお米を、先週のうちにきれいに精米したのが以下です。

 

 

 

 

 

 

今日はこの一部をミルで米粉にして、市販の米粉と混ぜて白玉団子を作りました。
フルーツポンチにしておいしくいただきました。
春から頑張ってきた米作り。
神様がお米を育ててくださったことに感謝です。

麦の種まき

校長の名古屋恒彦です!

秋晴れの今日(2018/10/21)、日曜学校のアクティビティでは、バケツイネで使ったバケツに土を入れ、麦の種まきをしました。
蒔いた麦は、今年の日曜学校で初収穫した麦です!
来年はもっとたくさん収穫できるように、花壇だけでなくバケツにも種まきをしました。
子どもたちは土をスコップでかき混ぜ、指で上手に穴を開け、種を丁寧に入れていました。
今日は、幼稚科に新しいお友だちも来てくださり、楽しさ倍増でした!!

神様がくださった麦の種で、また神様が麦を何倍にも増やしてくださることを心待ちにしています。
花壇のほうにはパプリカと花があります。
今日はパプリカの収穫もしましたが、そろそろおしまい。
花壇の整備は来月行います。本格的な冬ぞなえが始まります。
イネのほうは、脱穀が追いつかず、どうしようかと思っていましたが、教会の大人のみなさんが助けてくださることに!
感謝です。
来週が、単元「秋の恵みを神様に感謝~イネを収穫しよう~」のファイナル!
できたお米の一部を米粉にして、白玉フルーツポンチを作る予定です!!

礼拝では、単元「宗教改革記念日~使徒信条を学ぶ~」。
今日は、「主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、」を学びました。
「主(しゅ)」はイエス・キリストのことです。
神様であるイエスさまが、聖霊なる神様によってマリアから人として生まれてくださったこと、罪人である人間が受ける裁きを代わりに受けてくださるために人として生まれてくださったこと、このことをクリスチャンは信じていることをみんなで学びました。
これはもうすぐ来るクリスマスのメッセージですが、使徒信条にはクリスマスの恵みも込められています。

稲刈り完了!

校長の名古屋恒彦です!
今週(2018/10/14~)の日曜学校、私は出張で不在でしたので、以下、日曜学校教師の名古屋理恵姉妹からの報告です。

世界中の教会で信じ告白している「使徒信条」の中身を学ぶ2回目です――日曜クラスでは使徒信条の言葉の意味を一つひとつ考えながら学びました。そして、火曜クラスでは、そのことを1枚の絵から考えていきました。
――その絵は、細い道を残してあとはぐるりと水に囲まれている小さな草地にいるイエスさまとイエスさまに抱かれた子羊の絵です(細い道の先には、待っている99匹の羊たちがいます)。――イエスさまに抱かれた1匹の小羊は、私たち一人一人です。私たちは、イエス・キリストを、私たち一人一人の命を救ってくださる神のひとり子救い主と信じて告白します!

アクティビティでは、火曜クラスも含め、8バケツ全部の稲刈りをしました!天候不順の中でなんとか育って実り、この日を迎えることができました!恵みの神さまに感謝。