日曜学校ブログ

活動報告

柔和な人々は幸い

校長の名古屋恒彦です!

氷点下の寒さにキリッとする毎日ですが、今週(2019/01/20)の日曜学校も元気に活動しました。
私は日曜日は不在でしたが、月曜クラスには参加できました。両日参加した名古屋理恵姉妹から、以下のように様子をお伝えします。

日曜日の朝、今日も元気に子どもたちがやってきました。
礼拝では、マタイによる福音書から、イエス様が山の上で弟子たちに教えてくださった言葉の3回目を学びました。
「柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。」
・・・柔和な人って?・・・絵本やジェスチャーを使って・・・心が、ガラスの風船が割れるように砕かれて、なにもなくなった状態で、ただ神様を見上げる人だと学びました。
くだかれて、自分には何もなくなってしまったとき、ただ神様を見上げ、優しくなれます。
そんな人たちを神様は「いいよ」といってくださいます。そして、やがてイエス様が王様になられた国(=天国)が来るとき、そのひとたちは、その世界を受け継ぎますよとイエス様は、おっしゃいました。

アクティビティでは、白玉団子づくり・・・味を変えて・・・きな粉味に加え、ココア味が登場!
これが大好評で皆でわいわい食べました!
さらに、月曜クラスでは、団子づくりがグレードアップ・・。より平たくして味がつきやすくなりました!冬の恵みを神様に感謝~

悲しむ人々は幸い

校長の名古屋恒彦です!

今週(2019/01/13~)の日曜学校、私は所用で不在でしたので、以下、日曜学校教師の名古屋理恵姉妹からの報告です。

日曜日の朝。こどもたちが元気に集まってきました。
礼拝では、マタイの山上の説教を1節ずつ学んでいます。
今日は、「悲しむ人々は幸いである、その人たちは、慰められる」を詳しく学びました。
悲しむというのは、わたしたちが持っている罪そのものを悲しむということで、例えば、言うつもりはなかったのに、するつもりはなかったのに、なんであんなことを言って、またはしてしまったのだろうなどなど・・神様からしてはいけないと教えられたことを、したくなくてもしてしまうような、罪の性質を悲しく思う、ということです。
幸いなのは、わたしたちが悲しく思う、その心を、神様は「いいよ」と思ってくださるということです。
そして、神様は、イエスさまが十字架におかかりくださることで、この罪自体を赦してくださいました。
だから、わたしたちは、罪自体は今 もあって悲しくとも、イエスさまによって罪が赦されていることで嬉しいですし、イエスさまがいつも共にいてくださるので、慰められるのです!

アクティビティでは、白玉団子を作って、フルーツにin。
火曜クラスでは、白玉団子を作って、きな粉をon!
作りながら、たべながら、冬休みの楽しかった話、お出かけした話、などなど話に花が咲きました!
冬の神様からの恵みと神さまからの慰めに感謝です!!

今年もよろしくお願いいたします!

校長の名古屋恒彦です!!

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年の最初の日曜学校となった今日(2019/01/06)、日曜学校では、礼拝とアクティビティそれぞれが新しい単元に入りました。

礼拝は、単元「山上の説教」です。イエスさまが山の上で弟子たちに教えてくださったことを学んでいきます。
今日は、マタイによる福音書5章3節「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。」を中心に学びました。自分の弱さや苦しみを知って、神さまに助けを祈り求める人が、本当に幸せであることを学びました。
弱さや苦しみの中にあるときも、神さまの愛が私たちを守ってくださっています。
アクティビティは、単元「冬の恵みを神様に感謝~白玉団子を作ろう!!~」です。
盛岡教会日曜学校では、すっかりお馴染みになった白玉団子を作り、フルーツポンチにしておいしくいただきました。
おいしい食事で養ってくださる神さまに感謝をしていただきました。
日々、神さまがくださっている恵み、私たちが気付かないこともたくさんありますが、その恵みを感謝して生きる一年になればと思っています。

日曜学校冬休みのお知らせ

校長の名古屋恒彦です。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。
盛岡教会の日曜学校は、2018年12月30日(日)は冬休みでおやすみになります。
新年の日曜学校は2019年1月6日(日)から始まります。

地域のみなさま、来年もどうぞお気軽に日曜学校をのぞきに来てください。

クリスマスおめでとうございます

校長の名古屋恒彦です!!
今日(2018/12/23)の日曜学校、私は出張で不在でしたので、以下、日曜学校教師の名古屋理恵姉妹からの報告です。

 

待ちに待ったクリスマス。
クリスマスを目前に控えた今日の日曜学校礼拝では、イエス様のお誕生が、ずうっと人々に待たれて、とうとうお生まれになったことを、ルカによる福音書から、また、アドベント単元の復習から学びました。
礼拝後のアクティビティは、2本立て。
秋にみんなで収穫し、穂から外した麦粒を、牧師先生が粉にしてくださり、それを使ってパンを作りました。
自分たちが育てた小麦で作ったパンです!
小さな丸いパンをいくつも作って、一つだけとても大きなパンを作って、その後に行われる「みんなの礼拝」で行われる聖餐式のパンとして、おささげしました。
もちろん、作ったこどもたちも味見をしましたよ。
小麦の風味いっぱいのおいしいパンが出来上がりました!
パンの焼き時間を利用して、もうひとつのアクティビティ=クリスマス飾りファイナルも行いました。
盛岡教会入り口横の窓ガラスは、出来上がったクリスマス飾りでたくさんのレーンが出来、クリスマスの喜びが、形となりました。
イエスさまのお誕生を心からお祝い申し上げます!!!