日曜学校ブログ

活動報告

第2回 発達障害を語り合う ほっこり談話会

校長の名古屋恒彦です。

今日(2020/11/29)の14時から15時半まで、日曜学校主催で「ほっこり談話会」をしました。
発達障害がある人やそのご家族の教会生活を応援するためのネットワークづくりを考えての談話会の2回目。

今日は聖書から「神の業がこの人に現れるため」、発達障害トピック「発達障害入門」の二つの話題提供があり、語り合いました。

「発達障害入門」の話題提供のレジュメを添付します。

第2回発達障害談話会レジュメ

次回は春頃に、聖書のみ言葉で励まされたことなどを語り合おうと思っています!

アドベント

校長の名古屋恒彦です!!

教会暦(教会のカレンダー)では、今日(2020/11/29)からアドベントが始まります。
アドベントは、待降節ともいい、クリスマスまでの期間を、クリスマスを楽しみに待ち、準備する時節です。

そこで、今日から日曜学校もアドベントの単元がスタート!
礼拝では、単元「アドベント~よい知らせを聞いた人たち~」が始まりました。
約2000年前の世界で最初のクリスマス(イエスさまのお誕生日)の前、このよい知らせを聞いた人たちの姿を聖書から学びます。
イエスさまのお誕生の半年ほど前、洗礼者ヨハネが生まれます。
そのヨハネの誕生前、その父ザカリアは、天使から、これから生まれるヨハネがイエスさまのお働きの準備をすることを伝えられます。
こうして、クリスマスの前に、神さまは救いが人々に訪れることを告げてくださったのです。
クリスマスの喜びを神さまの言葉を信じて、期待して待つことの恵みを思います。

アクティビティでは、今日は教会のクリスマス飾り、クリスマス会の準備などを行いました!
みんなでリースや電飾を飾り、教会はすっかりクリスマスモード。
ぜひ、地域のみなさまも教会をのぞいてみてください!!

神さまは約束を忘れない

校長の名古屋恒彦です!!

教会近くの公園の木々の葉も落ち、もうすぐ冬、です。

さて、今日(2020/11/22)の日曜学校礼拝は、単元「旧約聖書の中のダビデ」の最終回。
預言者エレミヤを通して神さまがお話しくださったことを学びました。
預言者エレミヤは、イエスさまの時代から600年くらい前の預言者です。
預言者というのは、神さまのお言葉をお預かりして、人々に伝える人です。
神さまは預言者を通して、人々が罪を犯しているときに、その罪を教え、悔い改める、神さまに思いを向け直すように伝えてくださいます。
しかし、エレミヤの時代は、もう人々の罪は最高にまでなってしまい、とうとうダビデの子孫の国は滅んでしまいました。
そんなときに、エレミヤに神さまの言葉が預けられました。
そこでは、神さまがダビデにしてくださった、ダビデの王国がいつまでも続くという約束が繰り返されています。
国が滅んでしまった、絶望の中で、人々の罪が最高にまでなってしまったときにも、神さまは、ダビデとの約束をお忘れになりませんでした。
国がなくなっても、ダビデの子孫は残してくださっていたのです。
そして、その子孫の中から、「正義の若枝」を生え出させてくださると、神さまはおっしゃいます。
「正義の若枝」とは誰でしょうか?
イエスさまのことです。
エレミヤの時代から約600年後、ダビデの子孫から、「正義の若枝」、救い主イエスさまを生まれさせてくださいます。
その日が世界で最初のクリスマスです!!
旧約聖書の中にはダビデとの約束を守ってくださるという言葉がたくさんあります。
それらの言葉は、時代もそれぞれ違います。
いつでも神さまはその約束を忘れていらっしゃらないのです。
神さまは、ダビデの子孫がどんなに罪を犯しても、ダビデとの約束を守ってくださいました。
神さまは、どんなときにも約束を守ってくださる方です。
そして、クリスマスは、神さまの約束が本当になる日なのです。

アクティビティも、単元「畑の冬ぞなえ」が最終回を迎えました。
今日は、花壇に植えた麦の麦踏みをしました。
その後、花壇と畑の麦に肥料をあげて、いよいよ寒い冬に備えることに。
粒の細かい肥料をみんなでていねいにまきました。
今年の花壇と畑の仕事はこれでおしまい。
今年も神さまはたくさんの恵みを、花壇と畑からくださいました。
感謝。

神さまの約束

校長の名古屋恒彦です!

秋空の下、今日(2020/11/15)も元気な日曜学校です。

礼拝は、単元「旧約聖書の中のダビデ」。
今日は、旧約聖書の詩編というところに書かれた、神さまのダビデとの約束を学びました。
詩編は、多くの人の詩を集めたものです。
詩の形で、神さまの言葉を私たちに教えています。
今日学んだ詩編89編は、ダビデの死後続いていたダビデの王国が荒れ果てた時期に作られたことが察せられる詩です。
ダビデの子孫であった王たちの中には、神さまに従わない王たちが少なくありませんでした。
神さまから離れた結果、国は荒れ果ててしまいました。
でも、そのような中でも神さまは、ダビデの王国がとこしえに据えられるというダビデとの約束を忘れずにいてくださいます。
そして、ダビデの子孫から出る救い主イエスさまへの希望を私たちに示してくださっています。
その約束の実現として、イエスさまが世に来てくださる!
それがクリスマスです。

アクティビティは、単元「畑の冬ぞなえ」。
プランターをきれいに彩っていた花たちですが、最低気温が氷点下の日も出てきてとうとう枯れてしまいました。
そこで、枯れた花たちを抜いて、プランターの土をきれいにならしました。
春までプランターも冬ごもりです。
あわせて、花壇の雑草抜き等もしました。
冬は間近です。

麦踏み

校長の名古屋恒彦です!!

今日(2020/11/08)は雨が降ったりやんだりの中でも、時に差し込む日差しが暖かい盛岡です。
が! 今週は最低気温マイナス5度予報とか、雪予報とか、いよいよ盛岡らしい晩秋になりそうです!!

さて、今日の日曜学校です。
礼拝では、単元「旧約聖書の中のダビデ」。
ダビデ王から約300年後の子孫、ヒゼキヤ王の時代、ユダ王国は強力な外国からの侵略にさらされていました。
でも、神さまはダビデのゆえに、都を守り抜くと言われました。
そして、ヒゼキヤ王の時代、その強大な敵からユダ王国を守ってくださいました。
神さまは、私たち罪ある人間との約束を大事にしてくださることを学びました。

アクティビティは、単元「畑の冬ぞなえ」。
今日は、畑に植えた麦の麦踏みをし、その上に藁を敷きました。
藁は、収穫した麦やイネからとったものです。
今週は雪予報も出ていますので、暖かい藁の布団で麦たちを守ります。
冬の間も作物を育んでくださる神さまに感謝です。