日曜学校ブログ

活動報告

麦の収穫

校長の名古屋恒彦です!!

今日(2020/06/28)から、集まっての日曜学校が元気に再開されました!!!
今後は、新しい生活様式を守りながら、安全に楽しく神さまの言葉を学んでいこうと思います。
ご近所のみなさまもどうぞいつでも、毎週日曜日9:15からの日曜学校に遊びに来てください。

さて、礼拝は、単元「パウロ~ローマへの旅~」の最終回。
ついに当時の世界の中心であった都ローマに到着したパウロが、ローマでもイエスさまの愛を熱心に人々に伝えたことを学びました。
パウロやイエスさまの弟子たちの2000年前の宣教が、確実に次の世代にバトンタッチされ、今日の盛岡でのこの日曜学校につながっています。
その事実に、神さまのご計画とお導きの確かさと壮大さを覚えます。

アクティビティは、単元「麦の収穫と夏野菜作り」。
ついに麦の収穫がスタートしました。
まだまだ収穫しきれません。
畑を開墾した今年は大収穫。
神さまの恵みに感謝です。

 

 

嵐の中でも

校長の名古屋恒彦です。

岩手も梅雨入りし、時に激しい雨が降るこのごろですが、今日(2020/06/21)の盛岡は、爽やかな初夏の青空が広がっています!!

今日の日曜学校のプログラムです。

2020.6.21

今日も単元「パウロ~ローマへの旅~」を学びます。
聖書は、使徒言行録27章1~9節です。

ユダヤ人の憎しみによって逮捕されたパウロは、ローマ皇帝の裁判を受けることを願い出て、ローマへと船で護送されます。
いよいよ、当時の世界の都ローマで神さまの愛を伝えるための旅が始まりました!

でも、その航海は、たいへんなものとなりました。
海があぶない季節になっているというパウロのことばを聞かずに、人々は船出しました。
しかし、パウロの言うとおり、嵐に巻き込まれ、何日も海の上をただようことになってしまいました。
生きる希望もなくなるような中でも、パウロは神さまのお約束(ローマで神さまの愛を伝えること)を信じていました。
そして、無事に陸地に上がることができたのです。

ローマで神さまの愛を伝えるというという約束を信じていたパウロ。
そして、ついにそのときがやってこようとしています。

パウロ、ローマへ

校長の名古屋恒彦です。

北東北にも梅雨が近づく今日(2020/06/14)ですが、盛岡は夏の青空が広がっています。

今日の日曜学校のプログラムです。

2020.6.14

今日も単元「パウロ~ローマへの旅~」を学びます。
聖書は、使徒言行録25章1~12節です。

ユダヤ人の憎しみによって逮捕されたパウロは、当時のユダヤの支配者であったローマ総督の法廷で裁判を受けます。
その裁判でパウロは、ローマで裁判を受けたいと申し出ました。
こうして、パウロはついに当時の世界の中心、ローマ帝国の首都ローマに行くことになります。
ユダヤ人の憎しみが引き起こしたパウロの逮捕と裁判でしたが、神さまはそのことを用いて、パウロが都(みやこ)ローマで神さまの愛を語る道をひらいてくださったのです。

 

田植え

校長の名古屋恒彦です!

初夏の晴天の今日(2020/06/07)、礼拝の後、日曜学校のメンバーで田植えをしました!

本来、先月のアクティビティ単元「「田植えと種まきをしよう~一粒万倍~」で取り組むところでしたが、日曜学校が集まれない中、日曜学校の安江先生が準備を進めてくれていました。

みんなで混合土を作り、バケツ5つに分け、水を入れ、そしてあきたこまちの苗を植えました。
「おかゆにしよう」「白玉を作ろう」等々、みんな収穫を楽しみにしていました。

 

パウロ~ローマへの旅~

校長の名古屋恒彦です。

今日(2020/06/07)は、6月最初の日曜日。
初夏の青空が広がる盛岡です。

今日の日曜学校のプログラムです。

2020.6.7

今日から新しい単元「パウロ~ローマへの旅~」が始まりました。
聖書は、使徒言行録21章27~36節です。

かつてイエスさまの弟子たちを迫害していたパウロは、復活されたイエスさまに出会い、イエスさまを信じる宣教者(せんきょうしゃ 神さまの教えを人々に伝える人)に変えられました。
そうして、外国の街々で、神さまの愛を伝えて回ったパウロは、エルサレムに戻ってきました。
そのとき、イエスさまに反対するユダヤ人たちによって、パウロは襲われ、逮捕されることになります。

かつてはイエスさまを迫害していたパウロ。
そして今度は、自分がイエスさまに反対する人たちに迫害されることになります。
でもイエスさまの愛によって救われたパウロは、神さまの愛を伝え続けるのです。

逮捕されたパウロがどうなってしまうのか。
それをこれから学んでいきましょう。