日曜学校ブログ

活動報告

ベビーリーフの種まき

新米教師の安江です。

今日の岩手県盛岡市は、空が青く澄んだ秋晴れでしたが肌を突き刺す北風が強く吹き荒れ、冬の訪れを告げる1日でした。
皆様いかがお過ごしだったでしょうか。

日曜学校の子どもたちは、礼拝が始まるまで上着も着ずに外で走り回っていました。

さて、今日(2019/11/17)の日曜学校の単元は、先週に引き続き「モーセ〜約束の土地への道〜」です。

聖句は、民数記13章27節「そこは乳と蜜の流れる所でした。」です。

今回は、とても緊張しましたが、生まれて初めて1人で子どもたちにメッセージを伝えました!

子どもたちは、「神様の約束が確かであること」と「不信仰」について、今も脈々と続く神様の約束された土地への道を歩むため、日々の祈りの大切さと神様を信じる心を以て信仰を強くすることを学びました。

また、こうしたメッセージを子どもたちに伝える中で、どうすればカレブのように強く真っ直ぐな信仰を持てるのか?という投げかけに対して、子どもたちから「祈る!」という素直な答えを受けて、私自身も信仰を強くするために必要なことである「祈り」を学ぶことができました。

その後のアクティビティは、単元「麦まきと畑の冬ぞなえ」で、ミニプランターとバケツに、ベビーリーフ(小松菜・雪菜・ホウレンソウ)を播きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週に引き続き、みんなで力を合わせてミニプランターの底に石を敷いて土を入れ、そこに各種を播種(はしゅ)したのがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、播種後、屋内にバケツとミニプランターを入れ、最後に霧吹きをすることで、ベビーリーフの種は、良い環境で育てられる準備が整いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちは、アクティビティでの播種や灌水(水まき)作業も慣れてきたためか、予定した時間よりも早く終わってしまいました。野菜を育てる経験を通じて、神様からすべて与えられる恵みを少しずつ感じてもらえれば嬉しいなぁ〜。

今日も私たちをいつも見守り豊かな恵みを与えて下さる、神さまに感謝したいと思います。

ハレルヤ!

ネギの植え替え

校長の名古屋恒彦です!

岩手山が真っ白く美しい日曜日(2019/11/10)の朝から始まった日曜学校の様子をお伝えします。

礼拝では、単元「モーセ~約束の土地への道~」。神さまにたくさんの奇跡によって、エジプトから導かれたイスラエルの人たちですが、それでも神さまへの不平や不満が続きます。
そのようなときもモーセは神さまを信じ、神さまに祈り、神さまと共に歩みました。
そのモーセの祈りをきかれ、神さまはイスラエルの人たちを守り導かれました。
どんなときにも神さまと共に歩むモーセの信仰から、今週も学んでいます。

アクティビティは、単元「麦まきと畑の冬ぞなえ」です。
日曜日は、まっすぐ伸び始めたネギを掘り返し、斜めに植え直しました。
こうすることで、白いところが多く曲がったネギができます。
斜めに並べたところは以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土をかぶせて完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネギは年明けの収穫になりますが、とても楽しみです。
活動の後は、ネギを育ててくださる神さまに感謝のお祈りをしました。
アクティビティでは、どんな活動の時にも、いつもお祈りをします。
どんな活動も神さまが守り導いてくださることを、お祈りによって学んでいます。

冬に備えて

校長の名古屋恒彦です!

教会近くの公園の木々も紅葉が美しくなってきました。
また一つ季節が進んだようです。

11月に入った今週(2019/11/03~)の日曜学校は、礼拝もアクティビティも新しい単元に入りました。
礼拝では、単元「モーセ~約束の土地への道~」。エジプトからイスラエルの人たちを導き出された神さまに従う、イスラエルの指導者モーセの姿から学びます。
神さまを自分勝手な間違った方法で礼拝したイスラエルの人たちの罪を神さまは怒られますが、モーセは神さまに信頼し、神さまに執り成しのお願いをします。
こうしてイスラエルの人たちは死なずにすみました。
どんなときでも神さまが一緒にいてくださることを信じ、神さまに信頼するモーセの信仰から学びました。

アクティビティは、単元「麦まきと畑の冬ぞなえ」です。
畑の残されたところに麦を蒔き、そして今日は花壇にサラダほうれんそう、ちぢみ雪菜、早どり小松菜といった葉物の種を蒔きました。
どの葉物の種もとても小さいのです。
この小さな種から、豊かな収穫をくださる神さまに感謝です。
葉物は冬前に収穫ができます。
冬前の最後の作物作りが始まります。

宗教改革記念礼拝

校長の名古屋恒彦です。

盛岡は、街の紅葉が進み、秋が深まっています。
しかし、岩手県内そして各地で災害が続いています。
教会では、復興をお祈りしております。
被害に遭われたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

今日(2019/10/27)の日曜学校は、礼拝もアクティビティも単元がファイナルを迎えました。
礼拝の単元「宗教改革記念日~みんなの礼拝~」の最終回でした。
本当の神さまを礼拝することの意味を学びました。
どんな試練の中でも、神さまは私たちを助けてくださることも学びました。
10月31日の宗教改革記念日を前に、宗教改革を記念しての礼拝になりました。

アクティビティは、単元「麦畑を作ろう」のファイナル。
花壇の枝豆の収穫を完了し、花壇に肥料を入れました。
春に草取りした草で作っておいた堆肥がよい具合に熟していました。
今年も手づくり堆肥を花壇に入れました。
来週からは、麦まきを終え、畑、花壇の冬ぞなえをすることになります。
作物をくださる神さまに感謝する心が、私たちに育てばと願っています。

火曜クラス

新米教師の安江です。

昨日(2019/10/22)の盛岡は大雨の予報でしたが、アクティビティの時まで日曜学校火曜クラスが主に守られ無事に行うことができました。

さて、今日の単元は、日曜に引き続き「宗教改革記念日~みんなの礼拝~」、聖句は、ローマ書12章1節の中で『自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。』です.

今日の出席者は、小学校高学年ということもあり、少し注解書も用いたメッセージとしました。
毎日の生活を過ごす中で、どうしてもこの世に倣ってしまう私たちです。そうした中にあって、ほんのひとときでも神様が喜ばれることを心と体と行いによって自らを隣人に献げることは、わたしたちがなすべき礼拝であることを伝えました。

その後のアクティビティは、日曜に収穫したあとのバケツを花壇に戻す作業と、人参の間引きをしました。
アクティビティが終わり、主に感謝の祈りをした後、出席した子どもは、教会内のホワイトボード一面にユニークな絵を残してくれました。
ありがとう!!!
まっすぐ素直でいつも元気一杯に笑顔で出席してくれる彼を、こうして教会へ無事にお送りくださり、また、日常に寄り添い愛情を沢山注いでくださる神様の御恵みに感謝いたします。

ハレルヤ!